グーグルアドセンスに申し込んでみました その1


素材サイトを始めるにあたり、いろいろなサイトを参考に勉強していました。
いらすとやさん、ガーリー素材さん、ピクト缶さん。

最初は無知すぎて、全部無償でやっていてすごいなぁ~と思っていましたが、
素材サイトというのは結構労力もかかります。

そこで他のサイトを見てみると、やはりどこも広告があり、収益を得ているようでした。

そしてようやく、グーグルアドセンスにたどり着きました!



 

 グーグルアドセンスとは?

「Google AdSense」(グーグルアドセンス)とは、自分(自社)のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができる、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスです。

他のアフィリエイトとかでは、見ている人が広告をクリックして、購入しないと収益にならないといのもあったりしますが、クリックするだけで収益を得ることができます。(その分、単価は低いです)



 

 申請についてしたこと

アドセンスについて検索すると、「審査の通り方」「必勝法!」みたいものが沢山出てきたので、私には高い壁かと思っていました。
ただ、私のサイトの場合は素材サイトなので、ちょっと特殊かもしれませんが、審査に通るためにやったことを書きます。
また、コンテンツを盛り沢山にしていくためにも、ブログを始めて、デザイン系のことをつぶやいていこうと決心しました。

よく見かけるアドセンス審査の通り方といえば
・文字数は600字~1000字  
・記事数20~30
・画像は貼らない

などなど。 



 

 文字数について


文字数してはまだまだだと実感しています・・・笑
言い回しに詰まることもしばしば。
ただ、記事のコピペはバレるらしいので、オリジナル記事を書いていますが、苦しい時は
haconiwaさんの本を参考に、おすすめのものを探してまとめたりしています。(キュレーション記事)



 

 記事数について


記事数については、とりあえず1か月頑張って続けて1か月経ったらアドセンスに申請しようと思っていたので、ちょうど良かったです。また、1か月
アフィリエイトと言うと、楽して稼げる~みたいなイメージでしたが、地道な努力が必要と日々感じています・・・。ただ、半年更新できる人も少なく、脱落する人もいれば、半年経てばもう習慣になっていて、ブログを更新することがそんなにしんどくないという言葉を見かけて、ちょっと元気づけられました。



 

 画像は貼らない?


「画像は貼らない」もよく見かけましたが、普通に貼っていました。
デザインのことを話すのに画像がないとやっていけない・・・!
最初は普通に画像を貼っていたものも、著作権を勉強して、ちゃんと出典元を貼るようにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です